畳のある雰囲気のある生活 ○1

今の時代は、洋室がメインの家が多くフローリングなどが一般的になってきたこともあり、畳が使われている部屋を持つ家はだいぶ少なくなってきました。昔の家は和室中心の家が多く、畳があると言うのは当たり前のことでした。机を置き、みなで食事を取ったり、時には勉強をしたりと日本ならではの生活が営まれてきていました。畳の場合だと、そのまま寝転んだりすることも容易です。小春日和でぽかぽかと暖かな陽気の時には、そこで寝転んで過ごすと言うのもまた、至福のひと時でした。固い床となると、そういう訳にはいきません。寝転べることは寝転べますが、冷たく固い床でただ横になっても、体が痛いという人が多いでしょう。そのことを考えると、やはり畳は日本の生活によく合っている物だと言えるのではないでしょうか。畳は確かに使われる機会は減ってきています。けれども、ほんの少しでも畳などに触れることがあると、やはり昔ながらの手触りにしみじみとしてしまう人も多いものです。

整体 学校

iPhone修理 新宿

ベンツ 修理

オリジナルTシャツ